WordPressのパーマリンクを編集しよう

はじめに

WordPressでの記事のURLを設定していきます。
このパーマリンクの部分ですね。
これは、色々な表記で書くことができ、SEO的には毎回キーワードを決めて手動で書くのが良いと言われています。
また、URLを見ただけでいつの記事かわかると助かるので、今回は投稿した日もURLに反映されるように設定していきます。

パーマリンクの設定を変更しよう

それでは、パーマリンクの設定を変更していきましょう。

「ダッシュボード画面」→「設定」→「パーマリンク設定」にアクセスします。

「日付と投稿名」という選択肢が準備されているので、これを選択して「変更を保存」すれば設定完了です。

パーマリンク設定後に「404 Not Found」が表示される

WordPressのパーマリンク設定あるあるですが、パーマリンクの設定を変えた途端、全ての記事にアクセスできなくなります。
記事にアクセスすると、以下のような「404 Not Found」の画面が表示されます。
※ ちなみに、パーマリンク設定を「基本」に戻すと、アクセスができますので、不安な方は元に戻しておきましょう。

最初は「えっ!」と焦るかもしれませんが、よくあることなので、焦らずに対処していきましょう。

これはパーマリンク設定時にwordpressフォルダ内に「.htaccess」というファイルが作成され、このファイルにより、どのようなURLとして読み込むのかといった設定ファイルが入っています。
デフォルトのApacheの設定では、この「.htaccess」の読み込みが拒否されているので、ここを許可してあげれば完了です。

Apacheの設定ファイルを編集しましょう。

$ vim /etc/httpd/conf/httpd.conf

Directoryの「AllowOverride」という部分を見つけて、これがデフォルトでは「None」になっているものを「All」に変更します。

Apache側の設定を編集したので、これを読み込むために、Apacheの再起度を行います。

$ sudo service httpd restart

これで完了です。

各記事で記事のURLを変更しよう

日付は自動で入りますが、投稿名は自動ではいらないため、こちらは手動で編集しましょう。
記事を代表するキーワードを入れておくと良いと思います。

例えば、今回はパーマリンクの編集記事のため「permalink」としました。

これで、パーマリンク関連の設定は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です