WindowsでDockerをインストールするまで

Docker。それは、ローカルとリモートの環境の違いをなくす救世主

ローカル(MacやWindowsの手元のPC)とリモート(サーバー)で環境構築を毎回し直すのは非常に面倒です。
また、職場のPCと家のPCで再度環境構築を行ったり、職場ではWindows、自宅ではMacだとすると、設定方法も全く変わってきて、シームレスな開発を行うことができません。

そこで現れた救世主がDockerです。

Dockerというのは、Mac/Windows/Unix問わずで動作し、そのDockerと呼ばれる概念の上で、LinuxのOSを動作させます。
そのため、MacでもLinuxの環境で操作したり、WindowsでもLinuxの環境で操作しておくことで、サーバーに実装する際にそのまま持っていくことができます。

引用元:Get Started, Part 1: Orientation and Setup

Dockerは上記の画像の用に、Host OS(Mac, Windows, Unix)上で動作させ、その上でコンテナと呼ばれる仮想マシンを資源のある限りいくつでも作ることができます。

DockerはWindowsのバージョンでインストール方法が異なる

  • Windows10以前の方:Docker Toolboxをインストール
  • Windows10の方:Docker for Windowsのインストール

Windows10以前の方 / Docker Toolboxのインストール

こちらの記事を参考にDocker Toolboxのインストールを行ってください。

上記の記事内のこちらの画面までたどり着ければ成功です。

もし、上手くインストールを行えない場合は、当日にスタッフがお手伝いいたしますので、その旨を事前に下記の宛先まで連絡をいただけますと幸いです。

株式会社キカガク 吉崎
Email: ryosuke.yoshizaki@kikagaku.co.jp

Windows10の方 / Docker for Windowsのインストール

こちらのページにアクセスし、Docker for Windowsをインストールします。

ダウンロード後に実行をすると、Dockerのインストールが始まりますので、順番に進めていきましょう。

これで設定が完了です。

次に、Docker for Windowsを立ち上げましょう。

こちらを立ち上げると、下記の画面が現れ、Dockerが開けないよと言われてしまいます。

これは、再起動すればOKなので、再起動しましょう。
再起動後にこのような画面が出るため、「OK」で進みます。

こちらをOKすると、また再起動します。

2度目の再起動後、Docker for Windowsを開きましょう。

「Docker is runnning」と表示されるため、これで正しくDockerのインストールができていることが確認できます。

Dockerの動作確認

「Windows Power Shell」を開き、Dockerの動作確認を行っていきましょう。

まず、docker pullを使って、インターネット経由でPythonのJupyter Notebookが使えるDockerイメージ(仮想的なOSを含めた環境)をダウンロードしましょう。

数分程度インストールに時間がかかりますが、少し気長に待ちましょう。

ダウンロード完了後に、ダウンロードされているDockerのイメージを確認しましょう。
イメージの確認には docker imagesを使用します。

こちらのように、jupyter/notebookという名前のイメージファイルがインストールできています。

最後にこのDockerイメージを元に、Jupyter Notebookがインストールされているコンテナを立ち上げましょう。

こちらで実行すると、立ち上げたDockerコンテナ上で作業が出来るようになるため、ここでJupyter Notebookを立ち上げましょう。

これで立ち上げた後、Webブラウザのlocalhost:3000にアクセスして、うまくJupyter Notebookに繋がれば、まずDockerの簡単な設定は完了です。

お疲れ様でした。

今回はDockerとは?とはあまり説明していませんでしたが、セミナー中にもう少し詳しくDockerについても解説していきますので、ご安心ください。