MacでDockerをインストールするまで

Docker。それは、ローカルとリモートの環境の違いをなくす救世主

ローカル(MacやWindowsの手元のPC)とリモート(サーバー)で環境構築を毎回し直すのは非常に面倒です。
また、職場のPCと家のPCで再度環境構築を行ったり、職場ではWindows、自宅ではMacだとすると、設定方法も全く変わってきて、シームレスな開発を行うことができません。

そこで現れた救世主がDockerです。

Dockerというのは、Mac/Windows/Unix問わずで動作し、そのDockerと呼ばれる概念の上で、LinuxのOSを動作させます。
そのため、MacでもLinuxの環境で操作したり、WindowsでもLinuxの環境で操作しておくことで、サーバーに実装する際にそのまま持っていくことができます。

引用元:Get Started, Part 1: Orientation and Setup

Dockerは上記の画像の用に、Host OS(Mac, Windows, Unix)上で動作させ、その上でコンテナと呼ばれる仮想マシンを資源のある限りいくつでも作ることができます。

Dockerのインストール

Dockerのインストールは基本的にGUIでポチポチと進めていけば完了します。

Docker for Macからインストールを行いましょう。

dmgファイルをダウンロードできるため、あとは設定画面にそってボタンをポチポチと押していけば設定完了です。
設定完了後は下記のように上部のツールバーにDockerのアイコンが表示されます。

DockerでPythonに必要なパッケージのインストール

dockerイメージのダウンロード

これで最新版のJupyterが同梱されたDockerイメージをダウンロードできます。

Dockerコンテナの作成

では、Dockerのコンテナを作成していきましょう。
イメージは環境構築のファイルのようなイメージ(まだ実態を持たない)で、コンテナはそのイメージを具体的に実行するための環境としてメモリ等の計算資源を確保した実態のことを指します。

コンテナの作成は docker run をつかいます。

コンテナの作成

立ち上げたコンテナ上で、以下のコマンドでJupyter notebookを立ち上げましょう。

これで localhost:3000 にアクセスすると、立ち上がったJupyter Notebookにアクセスできます。

Jupyterに入る際に、パスワードが必要な場合は「kikagaku」と入力してください。

これで設定が完了です。お疲れ様でした。

今回はDockerについての説明は軽く触れたのみですが、こちらはセミナー内で補足もしてまいりますので、ご安心ください。